カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

メロン契約農家さんにて!

ただ今、メロンの収穫時期となっております。

メロンと言えば高級果物で奈良漬けのイメージは皆さん無いに等しい方も多いのではないでしょうか。

弊社での小売販売はありませんが、メロン奈良漬けは卸向けに酒粕に幾度も漬け込み丹精込めて手造りしております。

今日はメロン農家さんの許可を頂き、写真をパシャパシャ☆彡

メロン1

メロン5

メロンタカミ

☆ 只今、お買い上げ商品が1500円以上の方、全員に、

ひとくちメロン奈良漬(数量限定無くなり次第終了)又はオススメ

奈良漬をプレゼントしております。

皆様のご注文お待ちしております。

飛鳥漬本舗 太田

徳島県移住交流サイトに取り上げていただきました(^^)

皆さんご無沙汰しております。

徳島に移住して15年が経とうとしています。

そんな私を県が取り上げてくれました。

是非ご覧ください。

住んでみんで徳島で

http://tokushima-iju.jp/interview/412.html

とてもレア!もぐらの子!

とてもレア! でも少し閲覧注意・・・!モグラの子

今年から挑戦した人参栽培、順調に進みおいしそうな人参ができました。

人参

私は大阪出身で、農業をするために徳島に来たのですが、徳島は自然が豊かな所です。

たとえば畑にいる時、帰宅する時、ふと遠くを見ると常に山が見えていて、これが私にとってはいつまでも新鮮な驚きです。

ですが最近その徳島の自然の豊かさをさらに実感する出来事がありました。

なんと畑をクワで耕していたら、モグラの子供が出てきました!

あわてて土を戻して、そっとしておきましたが・・・

モグラはアゼに穴を開けたり、私がカブラを植えるためにせっせと作ったウネを楽しそうに?破壊していったり、農家さんには嫌われている面もあるのですが、子供の実物を見れたことは驚きでした。

では、写真をのせておきます。

少しグロテスクなところもあるかもしれません。

苦手な人は見ないで下さいね。

もぐら

農園は順調です(^^)

ずいぶんと更新できていませんでしたが、飛鳥の自社農園は順調です。


この冬からは新たに人参の栽培に挑戦しています。

奈良漬の原料の野菜は夏野菜が多いので、冬は畑が空いている所がありますし。

今の時期はビニールハウスでの栽培です。これは現在のハウスの内部です。

人参の生育は順調です。

根っこはまだ小さいんですけどね。収穫はまだ先です。


これはハウスをたてる前の畑です。太陽が昇ってきたところです。朝日は気分をすっきりとさせてくれるので、好きですね。なにより暖かくなりますし。この日はやりきりたい作業が多かったので、夜明け前から作業してたんです。寒かった(笑)


作物には、いわゆる3大栄養素と呼ばれるものの他に、微量要素と呼ばれるものも与えます。人間がサプリを飲むようなものかもしれません。

たとえばカルシウムやマグネシウムといったようなものなんですが、今そのために私が使っているのが、カキ殻を砕いたものだったりします。

天然由来のものですね。

有機質をたっぷり与えて、おいしい人参ができればいいなと思います。

食育活動!

皆さんこんにちは!

今日は、小学校で去年収穫されました、なにわの伝統野菜(玉造黒門越瓜)が奈良漬けと仕上がりましたので、ご報告です。

小学生3・4年生も、今は4・5年生となり、自分たちで育て、収穫した、玉造黒門越瓜奈良漬けが、見事に真空パック詰めされたものに、表張り、裏張りを生徒たちが自ら貼り、商品に生まれ変わり大満足。

そして少しだけ試食もし、普段めったに口にしない、奈良漬けを頬張りながら、ご飯が食べたい!と先生方に訴えていました(笑)

奈良漬けと言えば白飯ですよね・・・おにぎり握って行けば良かったです。。。

今年も小学校では、玉造黒門越瓜の収穫が始まります。

天候に恵まれますように・・・

大阪伝統野菜in小学校!!!vol.14

こんにちは(^^)/

店長の太田です。田中君ブログにお邪魔しま〜す。(^^)

以前にもこのブログ内でお話したように、大阪の小学生たちの食育活動に携わり、田中アグリ慣習のもと、小学校では、なかよし畑の状況を写メールにて連絡。

成長していく過程ごとに、指導をしていた田中君。

弊社、本社裏にある小学校では大阪伝統野菜を栽培。

初夏には大雨等いろいろ天候に不安を感じましたが、大阪のビルの中にある畑にはダメージはありませんでした。

H24.5月の玉造黒門越瓜

小学校白瓜

H24.6月の玉造黒門越瓜

小学校白瓜3

小学校白瓜2

H24.7月、子供たちで収穫、弊社に持ち込まれました。

立派な白瓜です。

小学校白瓜

この白瓜は新漬けや、なら漬けとして漬け込み、栽培に携わった生徒たちにふるまわれます。

校長先生をはじめ、先生方もお疲れ様でございました。

7月19日農園(^^)  vol.13

こんにちは。

こちらでは今、白瓜の収穫が始まっています。

農園

今のところ、私たちの畑は天候不良等の影響も少なく、順調です。

何故か・・・?

大ベテランの農家のおじいちゃんやおばあちゃんの中には、畑でこの子を見たら豊作だと言う人もいます・・・

農園

今年はなぜかこの子がよく畑にいますね。

早朝の話なので、皆が出てくるころにはいないので安心です。

苦手な人が多いですから。

丸茄子も元気ですよ。

農園

農園

まだ薄暗い早朝四時半、私たちの仕事は始まります。

どことなく凛とした空気は、この時間帯でしか味わえないものです。

やがて太陽が出てくると、一気に焼けるような暑さになります。

太陽のエネルギーの大きさを実感しますね。

あと、全員で集合写真です。

農園

H24年夏が来たあ!!(^^) vol.12

おひさしぶりです。

と言ってる間に春が来て夏がきますね。

今年は新しい作物を一つ試して見ます。

こんな子です。丸茄子です。

農園

農園2

まだまだ小さいですね〜

農園

もちろん白瓜も植えてますよ〜

農園

今年も良いものがとれますように。

田中浩一アグリの授業(^^)  vol. 11

こんにちは!田中君のページではありますが、店長の太田です。(^^)

田中君が大阪本社裏にある小学校で4・5年生37名にウリの栽培方法や特徴をわかりやすく授業形式で食育活動(^^)V

大阪市福島区の小学校の学校農園で栽培した、  なにわの伝統野菜「玉造黒門越瓜」(たまつくりくろもんしろうり)をなら漬けにしました。

子供達からは自分たちが栽培した白瓜がなら漬けに生まれ変わった嬉しさと、「初めてなら漬けを食べたけど美味しい」という声もきかれ和やかな授業となったようです。

授業風景1

向かって左端:校長先生・弊社社長吉川・田中浩一アグリ・手前は4・5年生の子供達

授業風景

かぶらの収穫!!! Vol.10

田中のこうちゃん!農園は順調に育っております。

かぶら

かぶら

かぶら

かぶら

かぶら

かぶら

癒しのひと時を皆さんにも・・・(^^)vol.9

先日の朝、時間が空いたので一時間ほどかけて近くの滝に行ってきました。

徳島県の癒しの場

徳島県の癒しの場所

空気がひんやりとして、大変すがすがしい気分になれました。

いつも畑で見るのとは違うトンボがいました。

徳島県の癒しの場

早朝でしたので、まだサワガニが忙しそうでした。

サワガニは生息地によって甲羅の色が違います。

ここの沢は青色です。

赤色の方がメジャーかな?

徳島県の癒しの場

すっきりした気持ちで仕事に戻りました。

田中のこうちゃんより Vol. 8

みなさんこんにちは!田中です

hatake2

台風の被害を受けて苗を植え直したものは、やっと成長が追いついてきました。

これから収穫できるようになっていきます。よかったです・・・

hatake1

これは今年から貸してもらっている新しい畑です。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、長いんです。(汗;)

向こうの端までちぎっていくのですが・・・なかなかたどり着きませんね。

hatake3

これは何かわかりますか?

カマキリの子供なんです。(苦手な人がいたらごめんなさい)

私はカマキリが好きなんです。とても個人的な意見ですが。

前足を持ち上げ待ち伏せする姿が折っているようにも見えるので「拝み虫」とも呼ばれるそうです。

言われてみれば、両手を合わせて拝んでいるようにも・・・みえます。

hatake

私は大阪出身なので、いわゆる農家さんの息子ではありません。

よって生粋の農業者ではありません。新規就農者です。

そんな私に親切に農業の技術を教えてくれる色んな人がいて、大変ありがたく思っています。

この写真はそんな農家さんのナス畑です。

芸術的なまでにきれいに管理されていて、衝撃を受けました。

いつか追いつけるように、頑張ります。(^^)/

久々田中のこうちゃんブログ VOl・7

皆様、お久しぶりです。

そしてご無沙汰しています。

今年も飛鳥漬けの畑には瓜が植わっていますよ。

すくすくと成長しています・・・・・とお知らせしたいのですが、五月の末に接近した台風2号の影響をかなり受けてしまいました。

強風にあおられ、苗ごと駄目になったものがありました。よって、新たに植え直しました。

畑

写真の少し黄色い小さい苗が植え直したものです。

今度こそ元気に育ちますように・・・

しかし今、はるかに大きな災害に雄雄しく立ち向かっている方々がおられます。

台風の一つや二つ、どうってことないですよね。

種取り vol.6

今回は瓜の「種取り」作業の紹介です。

来年度に植える瓜の種は、良質な実を選抜して自分で取っているんですよ。

種

種を取る為には、形状の良い実をしっかり熟れるまで木につけておきます。

熟れてくると真っ白になってきます。中の種はオレンジ色になってきて、メロンのような甘い香りがしてきます。上の写真の左端が、種が詰まってるワタですね。

種

それを水の中で手で揉みしだいて、中の種を取り出して、水に浮く軽い種は排除して・・・

種

乾燥させます。

来年も綺麗な瓜がなりますように・・・

青果白瓜の収穫後すぐ・・・vol.5

今回は収穫した瓜を塩漬けする作業を紹介します

塩漬け紹介

瓜を真ん中から二つ割りにすると、中には種が詰まっています。

塩漬けの紹介

それを、一つ一つ手作業で取り除いていきます。今でも人力なんですよ。

塩漬けの紹介

はい、こんな感じできれいに種が取れました。ここでの作業の正確さも、最終的な商品の品質に関わってきます。速さと正確さ・・・職人の技ですよ。

塩漬けの紹介

そして丁寧に塩漬けされます。この塩分はいずれ酒粕のアルコール成分と入れ替わる形で抜けていきます。実際に皆様のお口に入る頃にはほとんど抜けているんですね。

奈良漬を考えた先人方はえらいですねぇ〜

こうちゃんだよりの自然いっぱい(^^)vを紹介します。vol.4

ぬけがら君

白瓜の葉っぱにセミの抜け殻がついていました。不安定で大変だったでしょうね・・・

カエル君

畑には当然こんな子もいます。人によっては好き嫌いはありますが。

asuka8月

白瓜の収穫シーズンもそろそろ終盤。私達の畑はまだまだ元気です。

こうちゃん・だより!!!vol. 3

22.07.28自社農園2

朝日をあびて、瓜の葉が黄緑色に透けて見える景色が好きです。

黄緑色がポイントです。

木が傷んでくると茶色になってきますからね・・・

22.07.28自社農園1

畑には色んな生き物がいます。

これはミツバチです。受粉してくれる、頼りになる助っ人です。

瓜の収穫をしている時、ミツバチの羽が聞こえると安心しますね。

22.07.28自社農園3

トンボもたくさん来ますね。受粉はしてくれませんが。(^^)

ひらひら飛んでるのが楽しそうで、和みます。

飛鳥漬 農園 田中のこうちゃんより vol. 2

22.7.15自社農園1

強い日差しの中、瓜の収穫は行われます。

僕にとっての夏は!、海や山や何やらでなく、”瓜の収穫”ですね(^^)/  これが僕の夏の全てです。

22.7.15自社農園2

雌花です。こんな小さな雌花があっという間に大きくなり、収穫されます。

そして今度は数年間じっくりと酒粕に漬け込まれ、極上の飛鳥漬けとなるのです。

ただ今奮闘中!!!自社農園最盛期! vol. 1

平成22年6月からの飛鳥自社農園の今をお伝えします。(田中浩一より)

5/11作付が始まり早2ヶ月・・・瓜の木が大きくなってきました。いよいよ本格的な収穫シーズンの始まりです。

自社農園

立派な実が実っています。小さな種から大きな木が出来て、沢山の実がなる。(^^)v・・・何度体験しても不思議さが消えません。

自社農園

平成の今でも、全てが機械化できる訳でもありません。大変ですが人力でGO!!!

自社農園

収穫した瓜は地下タンクに漬けられていきます。ひとつひとつの作業過程で、白瓜に対する愛情が高まっていきます。

自社農園

ここからこの先、二年もの月日を経て、なら漬け(飛鳥漬け)が出来上がるのです。なら漬けが出来上がるまでを随時ご紹介できたらと考えています。

ページトップへ